ROBINS登録確認サポートセンター



ROBINS登録確認サポートセンター

初めまして、行政書士の小野です。
本日は、ROBINS登録についての当ホームページをご覧頂きありがとうございます。

これからROBINS登録のお話をさせて頂きますので少しお付き合い下さい。

現在、インターネットではあらゆる情報があふれています。 私も調べものや買い物をする時は、パソコンやスマートフォンでインターネットを利用します。 いまやインターネットは日常生活の一部になっています。

ですが、その便利さを悪用して悪さをする者もいます。

先日も迷惑メールを不特定多数に送り続けた出会い系サイトの運営者が逮捕されました。
本当に便利になりましたが、こういう悪さをする人間がいるのも事実・・・ インターネットでは、何が信用できるのか本当にわからなくなります。

そこでおすすめするのがROBINSへの登録です。 ROBINSは、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が 運用するサイバー法人台帳のことです。

ROBINSとは、行政書士等の第三者が証票に基づいて確認した情報だけを登録 するもので、この仕組みで運用される日本で唯一の信頼できる企業情報データーベースです。

事業者が一方的に情報発信するのではなく、 第三者により客観的に確認された信頼できる情報として情報発信できる ようになったもの。それがROBINSです。

インターネットの社会では信頼できる会社やその会社が 発信する情報を欲しがるニーズは高まる一方です。
また、信頼できる会社が発信する情報が検索されるべきであり、 情報を求める人々の期待もそこにあると思います。

そういう意味でもROBINSのような信頼性を追求する企業情報が 活用される場は、今後ますます増えていくと考えられます。

あなたの会社もROBINSに登録をして、信頼できる会社として 情報発信することで顧客の信頼獲得を目指しませんか?
RONINS登録は、お客様への『心遣い』と『ビジネス加速への近道』です。

ROBINS登録確認者:行政書士 小野 馨

JIPDECの紹介とROBINS登録確認

一般財団法人日本情報経済社会推進協会(通称「JIPDEC」 設立1967年 基金約40億円)は、 2013年7月4日から、法人・団体・個人事業者を対象として

名称・所在地・URLなどの企業の基本情報や 営業実績・保有技術等の企業の特別な情報をインターネットで公開するサービス 「サイバー法人台帳ROBINS」の提供を正式に開始しました。

●まず、『ROBINSの仕組み』についてわかりやすく図解します。

ROBINS登録確認の概要図
JIPDECホームページより抜粋

このようにROBINSへ掲載を希望する掲載希望社の企業データは、行政書士等の国家資格者である第三者(行政書士には、 法律上の『守秘義務』があります。)が、 掲載希望社の事務所や営業所に出向いて実在確認をして、 提示された証憑に基づいて確認した後にROBINSに登録されます。

そのためROBINSに登録された企業データは、 『客観的』かつ『信憑性』の高いものになります。
ROBINSへの登録をうまく活用することで、 商取引において企業の調達担当者が仕入先や提携先の企業を選定する際、 信頼性の高い情報を素早く閲覧できるため、 円滑に商取引を行うことが可能となります。

ROBINSに企業情報を登録して、上手に情報発信することにより、 自社の発信する情報に客観性や信憑性を持たせることができるため、 見込客の信頼を得られやすく、より多くのビジネス機会の創出につながることが期待できます。

●ROBINSには様々な情報を登録して公開できます。

企業マスターデータ ●正式名称
●英字名称
●登記上の所在地
●主たる事業所の所在地
●主たる事業所の代表電話番号
●URL
●ソーシャルメディアの表示
●会社法人等番号
●付与されている各種コード等
企業特色データ ●実績情報(取引の時期、取引先名称、実績内容、証憑と確認方法)
●取引先情報
●販売実績
●特許・許認可実績
●保有技術・ノウハウ
●表彰情報等のアピール情報

●ROBINSへの登録により以下の効果が期待されます。

@インターネットを利用した企業間の商取引において、特に中小企業に関する信頼できる企業情報を 調達担当者等がROBINSで入手できるため、取引のスピードアップや新たなビジネス機会に結びつく可能性がある。
A企業や金融機関の不正Webサイトやなりすまし、フィッシングによる犯罪被害の対策につながる。
B情報の真正性も確認されているため、犯罪被害のリスクが低減される。

●EV SSL証明書発行の際に正式な英字名称になる!

また、ROBINSが信頼に値するデータベースである証に 日本国内におけるEV SSL証明書発行の際の『英字名称の参照先』 として正式に認定されています。
海外の取引先の信頼を得るために高い効果を期待できます。

JIPDECのROBINS登録手数料と行政書士確認報酬

ROBINS掲載料 【標準価格】 9,000円/1年間(消費税別)
ROBINSシール利用料 【標準価格】 3,000円/1年間(消費税別:10ドメインまで)
安心マーク用メールドメインサービス料 【標準価格】 36,000円/1年間(消費税別:10メールまで)

ROBINSの登録確認を
			依頼された方へのサービス特典

対応地域 【北海道】 【東北】青森・秋田・岩手・宮城・仙台・山形・福島
【関東】東京・神奈川[横浜]・埼玉・千葉・栃木・群馬・新潟・山梨・長野
【北陸】富山・石川・福井 【東海】静岡・愛知・岐阜
【近畿】大阪・兵庫[神戸]・京都・滋賀・奈良・和歌山・三重
【中国】鳥取・島根・岡山・広島・山口 【四国】徳島・香川・愛媛・高知
【九州】佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島 【沖縄】

ROBINS登録確認者のサクセスファン行政書士事務所
			対応地域:大阪・兵庫及び東京

  

電話かメールにてお問合せ下さい。


トップへ戻る